Hiromuブログ

どこにでもいるただのホロレンジャーです

VRChat ワールドの作り方

VRChatとギターを連携させるためにVRChat SDKを少し触ってみました。何から手を付けていいのかもよくわからなかったので、作業手順を記録しながら進めました。 以下はほぼ時系列の作業内容になるので、この通りすすめれば誰でもワールドを作ることができるようになると思います。

SDKの設定

  • 公式ページ

    • SDKのダウンロード
    • Unity 2017.4.15f1 ダウンロード
      →上記サイトからUnity Hubで直接ダウンロードできるようになっている
  • Unityプロジェクトの新規作成

  • Unityプロジェクトの設定

    • PC, Mac & Linux Standalone
  • unitypackageのインポート

    • VRCSDK-2019.02.07.17.08_Public.unitypackage (2019/02/17時点)
    • インポート後に特にエラーがでないことを確認

シーンのテスト方法

  • 公式ページ

  • メニューの VRChat SDK > Settings からログインする

  • メニューの VRChat SDK > Show Build Control Panel を選択、以下エラーが出る

  • Projectビューの Assets > VRCSDK > Prefabs > VRCWorld をシーン内にドラッグ&ドロップ

  • VRCWorldオブジェクトをプレイヤーを生成したい場所に移動(とりあえず0, 0, 0のまま)

  • シーンになにもないのでとりあえず床となるCubeだけ配置

  • 再度メニューの VRChat SDK > Show Build Control Panel を選択

  • Testの New Build ボタンを押すとアップロードすることなくローカルで自作のワールドの動作確認をすることができる(らしい)

  • Testの New Build ボタンを押したらなんか出てきた

  • エラーも出た

  • とりあえず、Show Build Control Panel の Setup Layers for VRChat ボタンを押て Do it!

  • これが(Edit > Project Settings > Physics の設定)

  • これに変わりました

  • Setup Layers for VRChat ボタン が Setup Collision Layer Matrix for VRChatに変わっていたので押して Do it!

  • そしれこれに変わりました(ので、エラーの原因とは関係ないがやっておいたほうがよさそう)

  • さきほどvrchatのアプリが見つかっていない表示がされたので、メニューの VRChat SDK > Settings からVRChat Clientのパスを以下に修正
    C:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\VRChat\VRChat.exe

  • 再度Testの New Build ボタンを押す
    →コンソールになにかしらのログは出てるけどなにもおこらない
    →VRChatを起動してみたりWinMRのヘッドセットやコントローラをつないでみたりして、再度Testの New Build ボタンを押したらそれっぽいものが表示された!

  • どうもShow Build Control Panel を一度閉じてから再度メニューの VRChat SDK > Show Build Control Panel を選択し、Testの New Build ボタンを押すとうまくいくようです

まとめ

  • ということでワールドを作成することができました。一度慣れてしまえば簡単につくることが出来そうです。
  • なお今回はローカルでしか試していませんが、公開する場合は審査が必要で24-48時間かかるようです。