Hiromuブログ

どこにでもいるただのホロレンジャーです

MRTK v2 RC2概要

MRTK v2 RC2がリリースされたので、ざっと更新内容を見てみました。

github.com

MRTK v2 RC2の新機能

  • おすすめのデフォルトプロファイル追加

  • HTK から MRTK v2 へのポーティング改善(HTK と MRTKv2 で GUID が重複していたため新しい GUID を振りなおした)

  • ハンドアタッチメニュー(Experimental)
    参考: #4532
    https://user-images.githubusercontent.com/13305729/58210725-0c543400-7c9f-11e9-9a5d-049cadbf27d4.gif

  • MRTK Standard Shader と Lightweight Render Pipeline との連携

    • メニューに“Mixed Reality Toolkit -> Utilities -> Upgrade MRTK Standard Shader for Lightweight Render Pipeline”が追加された
  • MixedRealityServiceRegistryの追加

    • シーン内のMixedRealityToolkitオブジェクトの有無にかかわらずサービスを取得できるようになった
  • MixedRealityPlayspace プロパティの追加

    • MixedRealityPlayspaceプロパティを静的なMixedRealityPlayspaceクラスに置き換え
    • アクセスのしやすさを改善
  • IMixedRealityDataProviderAccessインターフェイスの追加

    • RC2においては Input と Spatial awareness システムで利用
  • いくつかのAPIを変更

    • MixedRealityToolkit
      MixedRealityPlayspace プロパティの削除

    • IMixedRealityBoundarySystem
      BoundaryVisualizationProfile プロパティの追加

    • IMixedRealityDiagnosticsSystem
      DiagnosticsSystemProfile プロパティの追加

    • IMixedRealityInputSystem
      InputSystemProfile プロパティの追加

    • IMixedRealitySpatialAwarenessSystem
      SpatialAwarenessProfile プロパティの追加
      GetObserver と GetObservers メソッドをobsolete に変更

    • MixedRealityInputSystem
      IMixedRealityDataProviderAccess を実装

    • MixedRealitySpatialAwarenessSystem
      IMixedRealityDataProviderAccess を実装

  • その他不具合修正

  • Unity 2018.4 LTS 対応

  • Unity 2019.1 対応