Hiromuブログ(夏)

どこにでもいるただのホロレンジャーです

Unityでゲームを作ってみた

Unityをインストールして一週間ちょっと。最初はこちらのサイトを見ながら操作を覚えました。

このサイトの通りに進めると簡単にブロック崩しを作れてしまうのですごいです。

 

ただ、そのあと自分で何か作ろうとするとなかなか何をしていいかわからなくて途方に暮れます。

なんとなくわかった気分にはなっていても実際はよくわかっていないというのが原因でしょう。

 

これじゃだめだ、ということで本を1冊買ってきちんと操作を覚えました。

そしてちゃんと身についているかということの確認と1日でどこまでできるかという自分への挑戦の意味も込めてゲームを作ってみました。

こちらで公開しています。(ただしクソゲーですw)

http://hi-rom.com/labs/unity/cubeshoot/cubeshoot.html

 

スクリーンショット

cubeshoot_tcubeshoot

 

(かなり頑張りましたが)一日で(それなりに)形になったゲームを作れてしまうUnityはやっぱりすごいの一言。

プラグインは必要になるものの簡単にWebで公開できるのもいいですね。もちろんiOSAndroid向けのアプリも作れるので覚えて損はなさそう。

 

ちなみに買った本はこれです。

Ver4であることとC#で書かれていることで絞ってあとは中身をぱらぱらとみてこれに決めました。

初心者でもわかりやすく、それでいて基本的なことから、車の動かし方、地形エディタの使い方、モーションを伴ったキャラクタの実装方法など高度なことも書かれています。