Hiromuブログ

HoloLens などに関するブログです

HoloLens 2 の USB 接続でのデプロイでタイムアウトする問題への対応

2020/08/20追記

The August 2020 update (10.0.19041.1113) で解決されたようです。 https://holodevelopers.slack.com/archives/C1CQKRQM6/p1597188506274500?thread_ts=1593035544.420800&cid=C1CQKRQM6


HoloLens 2 を PC に USB 接続してデプロイするとタイムアウトすることが良くあります。 これについては既知の問題のようで、中の人も認識しているようです。

developercommunity.visualstudio.com

そして、 問題の原因を特定し、将来のOSアップデートで対応されるとのコメントもあります。

https://holodevelopers.slack.com/archives/C1CQKRQM6/p1593734761082700?thread_ts=1593035544.420800&cid=C1CQKRQM6

Good news! We've identified the cause of the problem and have identified the fix. We're working to include it in a future OS update for your HoloLens device.

現状としては、アップデートを待つしかありませんが、いくつかの回避策が提示されているため以下に記載しておきます。

  • USBケーブルを取り外して再接続し、再試行すること(数回ためすとうまくいくことがある)

  • appxパッケージを作成しDevice Portalを介してサイドロードする

  • Wi-Fiを使用する

  • USBを使用する場合は、以下の手順で接続する

    1. HoloLensをPCに接続する
    2. デバイスポータルを開く(127.0.0.1:10080でアクセスできない場合は、WiFiでアクセスする)
    3. [System]カテゴリの[Networking]ページに移動する
    4. ページの右側の[IP configuration]で、[UsbNcm Function Device]のセクションを探す
    5. IPv4アドレスをコピーする

      f:id:HiromuKato:20200716010256p:plain

    6. Visual Studioで、WiFiの場合と同様に「リモートマシン」を使用するようにデバッグを構成するが、手順5でコピーしたIPアドレスを入力する